立川談志「談志の日記1953 17歳の青春」
new
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/3

立川談志「談志の日記1953 17歳の青春」

残り3点

¥3,080 税込

送料についてはこちら

最晩年、「いずれ本になるだろう」と談志が託した日記帳。 没後10年特別企画として刊行。 17歳の少年は、前座修業の日々を送りながら、 1日も欠かさず日記帳に向かっていた。    僕には、夢を追うのみで、 若さを楽しむ資格がないのであろうか。 その原因は落語なのだ。 僕の宿命なのかも知れない。 ――1953年7月9日 人形町で100円小さんに小遣をもらう。しかしその場でなくす。その場で探すのも失礼だからよした。――1月20日    新東地下で「まごころ」を観る。悲しく涙がにじんだ。清く悲しい青春の一頁に感じた。――3月13日    噺が又セコになる。どうもおかしい。大きくなりたくない。しかし時は刻々と過ぎ去って行く。あせりが出る。――6月2日    コタツに入り食事をすまして日記をつけている。静かだ。まだ十時半なの に聞こえるのは雨だれの音と、鉄橋を渡る汽車の響きが時折するのみ。日本の冬は風情がある。コタに入りながら彼女の事、噺の事、明日の事、とりとめもなく考ヘる。これも青春なのだ。――11月18日 仕様:四六判/仮フランス装/280ページ 発刊:2021年11月 発行:dZERO [プロフィール] 立川談志 (タテカワ・ダンシ) 落語家、落語立川流創設者。1936年、東京に生まれる。本名、松岡克由。16歳で五代目柳家小さんに入門、前座名「小よし」を経て、18歳で二つ目となり「小ゑん」。27歳で真打ちに昇進し、「五代目立川談志」を襲名する。1971年、参議院議員選挙に出馬し、全国区で当選、1977年まで国会議員をつとめる。1983年、真打ち制度などをめぐって落語協会と対立し、脱会。落語立川流を創設し、家元となる。2011年11月逝去(享年75)。 著書には『現代落語論』(三一新書)、『談志百選』『談志人生全集』全3巻、『立川談志遺言大全集』全14巻(以上、講談社)、『談志絶倒 昭和落語家伝』(大和書房)、『談志 最後の落語論』『談志 最後の根多帳』『立川談志自伝 狂気ありて』(以上、ちくま文庫)、『談志が遺した落語論』『江戸の風』(以上、dZERO)などがある。