{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/3

アーネスト・ヘミングウェイ, 今村楯夫「新訳 老人と海」

残り1点

2,200円

送料についてはこちら

ノーベル文学賞受賞作家アーネスト・ヘミングウェイの世界的名作が第一人者による新訳でよみがえる。 マカジキと対峙する老人は、「老い」と「弱さ」に向き合うひとりの人間だった。 老人と漁を共にする「boy」を、「少年」ではなく「若者」と解釈することで、老人の「弱さ」を浮かび上がらせ、世界的名作に新たな光を当てる。 老人・サンティアゴのモデルとなった人物を訪ねたエピソードをおりまぜた、訳者・今村楯夫氏による解説も掲載。 --------------------------------------------------------------------------------- サンティアゴとマノリンの関係を「老人対少年」でなく「老人対若者」とみなすと、対話する言葉のみならず態度もかなり違って見えてくる。老人のサンティアゴはマノリンという屈強な頼り甲斐のある若者に日常生活においても精神的にも、かなり依存している。自らの「老い」を認識しているがゆえに、その「老い」にまさる強靭な精神性を求めてい ると言えよう。(訳者解説より) --------------------------------------------------------------------------------- 仕様:四六変型判/上製/196ページ 発刊:2022年9月 発行:左右社

セール中のアイテム