{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/3

岡崎武志「憧れの住む東京へ」

残り1点

1,980円

送料についてはこちら

岡崎武志のライフワークである「上京」をテーマに、『上京する文学 漱石から春樹まで』(ちくま文庫)、『ここが私の東京』(扶桑社)に続く、上京もの第3弾。 進学、仕事、憧れ、様々な理由で上京してきた作家たちが、生まれ育った町ではないからこそ、新鮮な想いで風景や人々を眺め、それを作品として昇華していく歴史を、たくさんの本を読み、街を歩いてたどることで結実した充実の内容に。 上京の数だけ物語がある。 [目次] まえがき 第一章 赤瀬川原平 前衛に押し流された東京の足跡 第二章 洲之内徹 銀座「気まぐれ美術館」への道 第三章 浅川マキ 雨降る新宿の黒の歌姫 第四章 田中小実昌 路線バスで知る東京のもう一つの顔 第五章 山之口貘 沖縄から池袋へたどり着いた放浪詩人 第六章 耕治人 野方に苦しみ生きた二人ぼっちの二人 あとがきに代えて 仕様:四六判/並製/264ページ 発刊:2023年1月 発行:本の雑誌社

セール中のアイテム