{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/3

原宏之「ラプサンスーチョンと島とねこ」

残り2点

1,500円

送料についてはこちら

"ぬいぐるみにも生命を感じる君は素敵だ" クリスマスの夜旅立った最愛の茶トラねこ平九郎に宛てた、温かな思い出と慈しみに溢れる追悼文「愛猫へいくろう君の訃報」。沖縄の離島の老婦人とのある夏の交流を綴った 2012年『文學界』発表のエッセイに加え、詩人管啓次郎氏がこの本のために書き下ろした詩「二匹の猫」を所収。 ねこ好きはもちろん、生命あるものを愛するすべての人に贈る優しさのつまった一冊です。 仕様:四六判/並製/146ページ 発刊:2023年3月 発行:書肆水月 [プロフィール] 原 宏之 (ハラ・ヒロユキ) 学者・教育者(哲学)。1969年生。 『バブル文化論』(慶應義塾大学出版会)、『世直し教養論』(ちくま新書)など著書多数。 ポンピドゥー・センター付属研究所客員研究員、明治学院大学教養教育センター教授、東京大学教養学部非常勤講師、早稲田大学教育学部及び文化構想学部非常勤講師等を歴任。 葉良沐鳥(はらしずどり)の筆名で文学研究・評論、随筆や文芸批評も手がける。 旅、山と海と川、霊峰、野球、生きもの、ねこやイヌや山羊をこよなく愛し、音楽と映画、読書を趣味とした。2021年6月没。

セール中のアイテム