{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/2

藤井聡子, 清田麻衣子「里山通信 0号」

残り2点

600円

送料についてはこちら

Twitterでは書けない、知れない、本にする手前くらいの読みもの。それも、多様な人がいる東京と違い、いろんな地方で自らをマイノリティだと感じている人々が、共通する課題をともに考え、伝える小さな媒体を作りたい。というコンセプトのZINE「里山通信」 ・・・を夢想しながら、足踏みし続けて一年が過ぎ、もう準備号を出してしまおう! ということで、2022年に神奈川から福岡に引っ越し居場所模索中の里山社清田&2019年に富山市へUターンして綴った『どこにでもあるどこかになる前に。〜富山見聞逡巡記〜』刊行直後、コロナ禍となり、現状に戸惑う藤井聡子(ピストン藤井)が、zoomで話し、作った「0号」です。 「わたしにとっての居心地の良さとは?」そんな永遠のテーマについて、2022年から2023年の冬にかけ、四十路の疲労感を漂わせつつ、現状打破に向けストレス発散した2人のおしゃべりを起点に書ける範囲で公開。 対談◉〈曖昧模糊〉なおしゃべり エッセイ◉対談を受けてそれぞれ思うところを綴る 「見つめていたい。シラフで。」藤井聡子(ピストン藤井) 「里山通信始めます。」清田麻衣子(里山社) [プロフィール] 藤井聡子(ふじい・さとこ) 1979 年富山市生まれ。東京で雑誌編集者として勤務後、帰郷。ピストン藤井のペンネー ムで、富山ならではの個性の強い場所や人を探るライター活動を開始。2013 年ミニコミ『文藝逡巡 別冊 郷土愛バカ一 代!』『日本海食堂大百科』を刊行。 清田麻衣子(きよた・まいこ) 1977年福岡市生まれ。7歳で神奈川県横浜市に転居。2012年に一人で出版社「里山社」設立。2022年より神奈川県川崎市から転居し、現在福岡市在住。

セール中のアイテム