{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/3

佐藤洋一郎「和食の文化史」(平凡社新書)

残り1点

1,078円

送料についてはこちら

和の食材や調理法は多様性に富んでおり、雑煮やおせち、節供など「ハレの日」の料理ばかりでなく、日々の暮しのなかで受け継がれてきた数多くの食がある。だが、東京への一極集中や少子高齢化による後継者不足によって、農地は荒れ、名産品だけでなく、食器やしつらえの生産も細り、地方、とくに山間地で、その伝統食が失われつつあるのだ。今こそ、和食を保護し未来へ継承していくために、各地各時代に成立した「いくつもの和食」に光をあてる。 仕様:新書判/272ページ 発刊:2023年10月 発行:平凡社

セール中のアイテム