{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/3

風間研「挿絵画家 風間完」

残り2点

2,970円

送料についてはこちら

五木寛之、松本清張、池波正太郎、司馬遼太郎 、向田邦子など、昭和を代表する作家の文芸作品の挿絵や装画を数多く手がけた人気画家、風間完の生涯の仕事とは。画家の長男であり、フランス文学研究者(法政大学名誉教授)である著者がひもとく。 本書の特徴は、風間完が描いた多様な作品をカラー図版33点、モノクロ図版41点と多数収録されていること。昭和文学を輝かせた、懐かしく美しい世界観を堪能することができる。 帯には風間完と縁が深かったふたりの人物、風刺画家の山田紳氏と作家の五木寛之氏に、推薦の言葉を寄せていただいた。 「人気挿絵画家の息子が父の画業を丁寧にたどっていく一冊。京都やゴルフ場、酒場で完さんと一緒に過ごした懐かしい日々が目に浮かぶ。山田紳」 「風間さんの美人画の特徴は、なんといっても気品があることだ。夜の世界の妖艶な美女の絵を描いても、どこか凜とした雰囲気があって俗っぽくならない。昭和の美人画の一つの成果といっていいと思う。五木寛之」 また、パリの街でスケッチする風間完を撮影したカバー写真は作家で写真家の宇田川悟氏によるものだ。 仕様:A5変形判/上製/296ページ 発刊:2023年12月 発行:平凡社

セール中のアイテム