{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/3

有本雄美「もう一人の芭蕉」

残り1点

4,950円

送料についてはこちら

立証編 一 発端――「面八句を庵の柱に懸置」 二 句文百韻の検証結果 (1) 結果の要約(表) (2) 緒言と結語 (3) 章と句の数 (4) 折入りと国入りの一致 (5) 月・花の座 (6) 連句の景物 (7) 各折のテーマ 三 句文百韻を検証する作業――章段を区分するための客観的基準 四 句文百韻の内容――一覧表 曽良本『おくのほそ道』翻刻(「句文百韻」に拠る編集) 緒言 初折裏(武蔵・下野)8章6句14韻  旅の始まり――神祇釈教 二折表(陸奥?磐城・岩代)8章6句14韻  歌枕探訪1―歌枕の現実(期待はずれに学ぶ) 二折裏(陸奥?陸前・陸中)8章6句14韻  歌枕探訪2―歌枕の現実(不易流行の実感的理解) 三折表(羽前)8章6句14韻  句への回帰―雑(雑の句) 三折裏(北陸路?羽後・越後・越中)4章10句14韻  句三昧―恋(恋の句) 名残表(加賀)4章10句14韻  句三昧――哀傷・離別(秋風の句) 名残裏(越前)3章5句8韻  旅の終わり――孤心と人恋(月の句) 結語 内容編 一 芭蕉が陸奥歌枕行脚を思い立った須磨での体験 (『笈の小文』) 二 句文百韻の各折にはテーマがあった――『おくのほそ道』は芭蕉の学習記録でもある (1) 初折裏(武蔵・下野)8章6句14韻  旅の始まり――神祇釈教 (2) 二折表(陸奥?磐城・岩代)8章6句14韻  歌枕探訪1――歌枕の現実(期待はずれに学ぶ) (3) 二折裏(陸奥?陸前・陸中)8章6句14韻  歌枕探訪2――歌枕の現実(不易流行の実感的理解)  (4) 三折表(羽前)8章6句14韻  句への回帰――雑(雑の句) (5) 三折裏(北陸路?羽後・越後・越中)4章10句14韻  句三昧――恋(恋の句) (6) 名残表(加賀)4章10句14韻  句三昧――哀傷・離別(秋風の句) (7) 名残裏(越前)3章5句8韻  旅の終わり――孤心と人恋(月の句) 俳論編 一 「月さびよ」と芭蕉の「さび」そして「一家に遊女も寐たり萩と月」考――結論 二 不易流行 三 「しほり」(雅)と「かるみ」(俗) 四 『猿蓑』巻頭句の意義――試論 仕様:A5判/上製/506ページ 発刊:2023年11月 発行:平凡社

セール中のアイテム